目指すは”在庫適正化”

”在庫適正化”でキャッシュを生み出し企業力を高めます

お客様が以下の”在庫適正化”で得られる効果を獲得するために、常にお客様の立場にたち”何が必要か”を考え抜き最善のサービスをご提供することをモットーにしています。


●在庫適正化で得られる効果

キャッシュフロー改善
過剰在庫の現金化、在庫回転率向上

顧客満足度向上
顧客ニーズにタイムリーに対応する製品・商品の提供

売上増大
マーケットでの信頼度向上による新規顧客増大

利益率向上
不必要な製品・商品の在庫最小化によるコスト削減

社員満足度向上
業務量の削減と業務効率の向上




在庫管理に特化したコンサルティング

在庫管理に特化したコンサルティングでは、”在庫適正化”を目指しています。なぜ”在庫適正化”を目指すか?それは企業力を高めることができるからです。在庫を適正化することで製造業や小売業・卸売業では上記の”在庫適正化で得られる効果”を得ることができます。

これらを財務面でみると財務諸表を改善する要因となり、資金繰りが好転して金融機関も前向きに融資するようになります。また職場環境でみると働きやすい会社になり社員の定着率が向上する要因にもなり、最終的に企業力を高めることになります。

在庫管理に特化したコンサルティングでは、在庫管理業務以外に関係する製造業務や倉庫業務などの改善も図り、企業が成長するために必要な機能(人・もの・金・情報)がフルに発揮できる強靭な土台と仕組みを構築します。

在庫適正化実現に向けたワンストップサービス

在庫管理の最終ゴールは”適正なアイテム数”、”適正な数量”で管理することです。”適正”の定義は会社によって違いはありますが、適正在庫実現に向けては「正確な在庫数を掴むためにどうするか?」「滞留している在庫をどうするか?」など様々なハードルがあります。

そのハードルを越えるには、システム導入が必要であったり、滞留している在庫を売り捌いたり処分したりする必要があったり、コンサルティング以外の多くのタスクが発生します。

それぞれのハードルを越えるために”多種多彩な専門パートナーとネットワークを構築”して在庫適正化に向けた高品質のワンストップサービスを提供します。

徹底したお客様の”成長”の視点に立ったコンサルティング

経営理念に「お客様と共に”成長”する」と掲げているとおり、お客様の”成長”を最優先に考えたコンサルティングを実施します。

具体的にはお客様に徹底的に寄り添ったコンサルティングを重要視しており、お客様が何を目的に、何を大切にして事業をされているか(経営理念)など、お客様のことを詳しくそして正しく知ることを大切にしています。

その後、ご依頼内容について徹底的にヒアリングを行い、そして”成長”をキーワードにしてコンサルティング内容を考え、提案し、共にプロジェクトゴールとロードマップなどのコンサルティングプランを検討して決定します。

決定後はプランに沿ってPDCAサイクルを回しながらコンサルティングを実施していきます。